TOP
BTOパソコン・PC通販のパソコンショップSEVEN

パソコンショップ SEVEN
 >   >  ゲーミングPCとは

ゲーミングPCとは | BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN

ゲーミングPC

ゲーミングPCとは

ゲーミングPC  ゲーム用のパソコンが欲しいという当店へのお問い合わせが、以前よりも増えています。
PS4やXBOX ONEなど、据え置きゲーム機の開発環境がPCゲームに近くなってきていて、据え置きゲーム機のパッケージとPC版のパッケージ、両方を発売するゲームタイトルが増えてきていることも要因だと考えています。
ゲーミングPCというと特殊な仕様のパソコンという印象をお持ちの方も多いと思いますが、「この機能があればゲーミングPC」という明確な線引きはありません。 ブラウザゲームやほとんどの2Dゲームなど、ご家庭・職場などで普段使用する一般的なPCでプレイできるゲームも数多くあります。
一方で一部の3Dゲームなど一般的なPCとゲーミングPCでは重視するスペックが異なり、最新のPCでも、一定のスペックを満たしていないとプレイすることができないゲームタイトルがあります。

では、具体的にゲーミングPCと一般的なPCは、何が異なるのでしょうか。

ゲーミングPCはグラフィックカードを重視

ゲーミングPC  「グラフィックカード」というパーツをご存じでしょうか。
パソコン本体からモニタに映像を送ったり、映像処理や3D描画処理を担うパーツです。
現在当店の非ゲーミングのタワー型PCや、家電量販店などで販売されている一般的なPCの多くには、グラフィックカードが搭載されていません。 正確には、CPUにグラフィックカードに代替する機能が内蔵されていて、別途グラフィックカードを必要としていません。
CPU内蔵のグラフィック機能は、「ブルーレイ映像くらいの品質の映像再生は問題なくこなす」用途には充分なグラフィック性能ですが、 最新のリアルな3Dゲームをグリグリ処理できるほどの性能はありません。

ここでグラフィックカードというパーツが登場します。
PCのスペックで「GeForce」「Radeon」といったワードを見たことがあるでしょうか。
GeForceは「ジーフォース」と読み、アメリカのNVIDIA社のグラフィックカードのGPUブランド名、Radeonは「ラデオン」と読み(英語圏では「レイディオン」)、アメリカのAMD社のグラフィックカードのGPUブランド名です。
このグラフィック処理専用のパーツを搭載することで、グラフィック性能を大きく向上できます。
おまけとしてCPUが行っていたグラフィック機能の代替処理も不要になるため、わずかですがPC全体の性能を底上げするというメリットもあります。

グラフィックカードはピンからキリまで性能・価格があります。
数千円程度で買えるもの、2〜5万円の売れ筋のものから10万円を超えるもの、プロが使う一枚数十万円するものなどです。 さらに複数枚のグラフィックカードを同時に挿すことでさらなる性能向上が見込めます。
ファクターは他にもありますが、この中で一定以上のグレードのグラフィックカードを搭載しているPCが、大きなくくりで言えば、いわゆる「ゲーミングPC」だと言えます。

ゲーミングPCはCPU、メモリなど他の性能も必要

ゲーミングPCはグラフィックカードが必要、と言いましたがグラフィックカードのみが条件ではありません。
ゲームタイトルにもよりますが、「CPU 4コア(Core i5)以上」「CPU 3.00GHz以上」といった動作環境(スペック)の指定があることも多いです。
最新のPCでも一定以下のスペックのCPUではプレイできないゲームタイトルがあります。
ゲーミング用のPCなら、Core i5・Core i7といった4コアCPUを選ぶと間違いがないでしょう。
ただし、6コア以上のCPU(Core i7-5820K、5930K、5960X EEなど)は現在まだクロックが低く、4コアCPUよりも高額ですが価格ほどゲームの性能が出ないことがあります。
メモリ容量を極端に多く求めるゲームタイトルはまだあまりありませんが、8GB以上は確保しておくとベターです。

ゲーミング用マザーボードが人気

マザーボードはCPU・メモリ・HDDなどを橋渡しするメインパーツで、内部の基盤です。
ゲーミング用マザーボードというと、以前はASUSのR.O.G.シリーズなどハイエンドが主流でした。
複数枚グラフィックカードを意識し、オーバークロックの限界への挑戦などを目的としたマニア向けモデルです。
なかなか高価で、一般ユーザーには手が届きにくいマザーボードがゲーミング用マザーボードという認識でした。
ですが、ここ数年は各メーカーから低価格のゲーミング用マザーボードが次々に登場し、現在各種ランキングでも売れ筋に上がっています。
高品質のハイグレードサウンド、ロスが致命的なオンラインゲームに最適な遅延などの起きにくい設計の高品質のLAN端子、ゲーミングデバイス用の精度の高いUSB端子などを搭載し、手ごろな価格でゲーミング用途だけでなく、マルチメディア用途などゲーム以外の場面でも使いやすい仕様となっています。
ゲーミングPCに必須ではありませんが、予算に余裕があるならぜひ選択したいパーツです。

ゲーミングPCの電源ユニット選び

電源ユニットとは家庭用のコンセントをPCの内部パーツ用の電源に変換して電気を供給するパーツです。
グラフィックカードは高負荷時の消費電力が高く、高性能なグラフィックカードほど、必要な電源ユニットの容量が大きくなります。
(常時高いわけではなく、ゲームのプレイ中などグラフィック処理の負荷が大きい時に消費電力が上がります。
普段の使用時はそこまで消費電力は高くなりません。)
グラフィックカードも省電力化が進み、以前ほど極端な電源ユニットの容量を必要とする構成は少なくなりましたが、まだ一般的なPCと比較するとゲーミングPCは高い消費電力と言えます。
グラフィックカードを選ぶ際は電源ユニットも合わせて考えておきましょう。

排熱とゲーミングケース

ゲーミングPC グラフィックカードは消費電力が大きいと説明しましたが、それとセットで発生する問題があります。
それは、“発熱”です。
グラフィックカードやCPUによって発生した熱を逃がすためにPCの内部には空気の流れが必要です。
「このような仕様であればゲーミングケース」という境界線はありませんが、排熱のための空気孔・ファンが多く取付けられる構造を持った中型以上のサイズのPCケースがゲーミングケースに向いたケースです。
ゲーミングPCの展示品などを見たことがある方は、チカチカとLEDファンで派手に光るケースが印象強いかもしれません。
もちろん派手に光る必要はなく、落ち着いたトーンのケース・クールな雰囲気のケースも多くあります。
ゲーミングケースは、グラフィックカードの排熱をスムーズに行えるよう設計されているので、PCの動作安定が見込めるというメリットがあります。
必須ではありませんが、ゲーミングケースを選ぶことによってより快適なPCゲーム環境が整えられるでしょう。

ゲーム推奨動作環境クリアしているパソコンのメリット

当店でもゲームタイトルごとのゲーミングPCをご用意していますが、極端にそのゲームタイトルに特化した仕様という訳ではありません。
もちろん、そのゲームタイトルのベンチマーク(性能測定)ソフトが用意されていれば測定を行ったり、実機でのプレイした感覚を確認したりといったことは行います。
が、なるべく同グレードでプレイできる別ゲームタイトルもプレイしていただけるような仕様でご用意しています。
(ゲームタイトルとPCのドライバやチップブランド間の既知の問題があるものはお見積もり時にお伝えいたします。)
また、時期によってはゲーム内限定アイテムコードやプレイチケット、グッズといった特典が付属する商品もございます。
特定のゲームタイトルにこだわるならゲーム推奨動作環境クリアのモデルをおすすめします。

最適なゲーミングPCを選ぼう

このページのまとめとして、ゲーミングPCとは、

  • 1. グラフィックカードの性能が優先的に高い
  • 2. CPU・メモリ・電源ユニットも合わせて総合的に選ばれている
  • 3. 排熱対策がされている

という条件を満たしたPCということになります。
快適にゲームライフを送れるよう、当店 パソコンショップSEVEN はできる限りお手伝いいたします。
お気軽にご相談ください。


インテル®テクノロジー・プロバイダープラチナ・メンバー認定企業
当店はインテル®テクノロジー・プロバイダープラチナ・メンバー認定企業です。 熟練のスタッフがサポートいたしますのでお気軽にお問い合わせください。